コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムドライ遺跡 クロムドライいせきKromdraai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロムドライ遺跡
クロムドライいせき
Kromdraai

南アフリカ共和国,ヨハネスブルクの西方にある遺跡。この遺跡から発見された猿人の化石骨を 20世紀前半 R.ブルームはパラントロプス・ロブストゥスと命名した。その後スワルトクランス遺跡で発見されたパラントロプス・クラシデンスとともに,アウストラロピテクス・ロブストゥスとして1種にまとめられた。年代は不明であるが,更新世中期の初め頃ではないかと考えられている。出土した石器は,発達したオルドワン期のものであり,東アフリカのタンザニアにあるオルドバイ遺跡の層位に対比すると第2層にあたる。 1999年周辺地域とともに世界遺産の文化遺産に登録。 (→アウストラロピテクス類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロムドライ遺跡の関連キーワードステルクフォンテーン遺跡ハウテン州

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android