コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローネンベルク Leopold Kronenberg

1件 の用語解説(クローネンベルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クローネンベルク【Leopold Kronenberg】

1812‐78
ポーランドにおける資本主義発達の重要な担い手であったユダヤ系ブルジョアジーを代表する人物。同化に熱心な父親の指示でポーランド人の学校に通う。17歳のときハンブルクに出て商売の見習いに従事し,さらにベルリン大学で学ぶ。十一月蜂起の敗北直後にワルシャワに帰って父親の商売を継ぎ,28歳のとき政府から請負ったタバコ専売業で財をなす。33歳で結婚するが,そのときルター派キリスト教に改宗している。社会改革に強い関心を示し,1859年には《ガゼータ・ツォジェンナGazeta Codzienna》紙を買収して時の人気作家J.I.クラシェフスキに論陣を張らせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クローネンベルクの関連キーワード赤尾丹治ゴンチャロフティチングピールボロジノ洪景来の乱シュレーゲル(兄弟)ボロジノの戦い「テロとの戦争」小選挙区制

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クローネンベルクの関連情報