クローネンベルク(英語表記)Leopold Kronenberg

世界大百科事典 第2版の解説

クローネンベルク【Leopold Kronenberg】

1812‐78
ポーランドにおける資本主義発達の重要な担い手であったユダヤ系ブルジョアジーを代表する人物。同化に熱心な父親の指示でポーランド人の学校に通う。17歳のときハンブルクに出て商売の見習いに従事し,さらにベルリン大学で学ぶ。十一月蜂起の敗北直後にワルシャワに帰って父親の商売を継ぎ,28歳のとき政府から請負ったタバコ専売業でをなす。33歳で結婚するが,そのときルター派キリスト教に改宗している。社会改革に強い関心を示し,1859年には《ガゼータ・ツォジェンナGazeta Codzienna》紙を買収して時の人気作家J.I.クラシェフスキに論陣を張らせている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android