コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローネンベルク Leopold Kronenberg

世界大百科事典 第2版の解説

クローネンベルク【Leopold Kronenberg】

1812‐78
ポーランドにおける資本主義発達の重要な担い手であったユダヤ系ブルジョアジーを代表する人物。同化に熱心な父親の指示でポーランド人の学校に通う。17歳のときハンブルクに出て商売の見習いに従事し,さらにベルリン大学で学ぶ。十一月蜂起の敗北直後にワルシャワに帰って父親の商売を継ぎ,28歳のとき政府から請負ったタバコ専売業で財をなす。33歳で結婚するが,そのときルター派キリスト教に改宗している。社会改革に強い関心を示し,1859年には《ガゼータ・ツォジェンナGazeta Codzienna》紙を買収して時の人気作家J.I.クラシェフスキに論陣を張らせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クローネンベルクの関連キーワード群馬県前橋市苗ヶ島町ドイツ村花火大会群馬県前橋市岡山県赤磐市ドイツ村

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クローネンベルクの関連情報