コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーノー Cunow, Heinrich Wilhelm Carl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーノー
Cunow, Heinrich Wilhelm Carl

[生]1862.4.11. シュウェリン
[没]1936.8.26. ベルリン
ドイツの経済史家,人類学者,社会学者。修正マルクス主義者。初め K.カウツキーとともにマルクス主義正統派の擁護に努めたが,ロシア革命後は社会民主主義の立場からボルシェビキに対し批判的態度をとった。主著『マルクス主義の歴史,社会,国家学説』 Die marxsche Geschichts,Gesellschafts,und Staatstheorie (1920~21) ,『経済全史』 Allgemeine Wirtschaftsgeschichte (4巻,26~31) 。人類学者としては『オーストラリアニグロの親族組織』 Verwandtschafts-organisation der Australneger (1894) ,『母権制の経済的基礎』 (97~98) などの著者として知られる。 L.モーガンらの進化主義人類学を批判し,原始段階での乱婚制,母権制を否定して,類別的親族呼称を年齢階梯制で説明しようとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

クーノー

生年月日:1876年7月2日
ドイツの実業家,政治家
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クーノーの関連キーワードグラスハウスマウンテン国立公園ドイツ人民党井上哲次郎生年月日実業家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android