コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロジン Borodin

7件 の用語解説(ボロジンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ボロジン【Borodin】

〔Aleksandr Porfir'evich B.〕 (1833~1887) ロシアの作曲家。生涯、有機化学の研究を続けながらロシア民族音楽の創造に努力し、社会改革運動にも活躍した。ロシア国民学派の五人組の一人。代表作、オペラ「イーゴリ公」、交響詩「中央アジアの草原にて」など。ボロディン。
〔Mikhail Markovich B.〕 (1884~1951) ソ連の政治家。コミンテルンで活動。1923~27年中国で国民党の政治顧問として国共合作を指導。帰国後スターリンの粛清で死亡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボロジン

ロシアの作家。筆名はアミル・サルギジャンAmir Sargidzhan。中央アジアの諸民族の歴史や風俗,民間伝承などに創作の材を取り,おもにウズベク共和国で活躍した。

ボロジン

ロシアの作曲家,化学者。ボロディンともいう。生地のペテルブルグ薬科外科アカデミーで薬学と化学を学び,1858年薬学博士号を取得。1856年にムソルグスキーの知遇を得,1862年バラーキレフを知ったことから,ロシア国民楽派(五人組)に参加,本格的な作曲活動に入る。
→関連項目マリインスキー劇場

ボロジン

ソ連の革命家。本名グルーゼンベルグGrusenberg。ラトビアユダヤ人家庭に生まれる。1919年からコミンテルンの活動家として海外各地におもむいた。1923年―1927年,中国国民党広東政府最高顧問として中国で活躍,武漢における国共対立で解任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボロジン【Aleksandr Porfir’evich Borodin】

1833‐87
ロシアの作曲家,化学者。子ども時代からピアノフルートチェロなどを学び,作曲も試みる。1850‐56年ペテルブルグ薬科外科アカデミーで薬学と化学を学び,58年薬学博士号を取得。62年バラーキレフと知り合って〈五人組〉のメンバーとなり,本格的な作曲活動を始める。しかし,62年から母校,63年から林学専門学校で化学を教えていたこともあって,創作はあまり進まなかった。ロシア国民楽派の一人で,リストの紹介により五人組の中でも早くからヨーロッパで知られていた。

ボロジン【Mikhail Markovich Borodin】

1884‐1951
ソ連邦の政治家。早くから地下運動と亡命の生活を続け,1907‐18年,アメリカに在住し,ロシア政治犯の救援活動に当たった。19年以降,コミンテルンの活動家としてトルコメキシコスペインイギリスを転々としたが,23年には孫文の広東政府に招かれて広州に赴き,政治顧問として中国国民党とその国共合作を指導した。27年国共分裂とともに帰国,貿易人民委員代理,タス通信副社長を経て,34年から第2次大戦後にかけて対外接触の窓口である情報局に籍を置いた。

ボロジン【Sergei Petrovich Borodin】

1902‐74
ソ連邦の作家。筆名アミル・サルギジャンAmir Sargidzhan。中央アジアの歴史と文化とに傾倒し,おもにウズベク共和国で活動した。中央アジアの民衆生活を描いた《最近のブハラ》(1931),ティムールの生涯を題材とした三部作《サマルカンドの星》(1953‐73)などのほか,アイニーの回想録のロシア語訳《ブハラ》でも知られる。なお,ロシア史に取材した《ドミトリードンスコイ》(1942)はソ連邦国家賞を受賞した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボロジンの言及

【ロシア国民楽派】より

… 文学ではチェルヌイシェフスキーやドブロリューボフを中心に《現代人》誌に集まったグループ,絵画では〈芸術家組合Artel’ khydozhnikov〉や〈移動展派〉のグループが生まれたが,それらと同様な立場にある。評論家スターソフが思想的中心となり,作曲家バラーキレフを指導者として,キュイ,ムソルグスキー,A.P.ボロジン,リムスキー・コルサコフらの作曲家が集まった。キュイは彼らの立場の宣伝者・批評家としても健筆を振るった。…

【国民革命】より

…24年1月,広州における国民党第1期全国代表大会では,連ソ・容共・労農援助の三大政策をともなう新三民主義の旗印のもと,国共合作の方針に見合う改組が断行され,反帝国主義・反軍閥の革命綱領が確定された。中央執行委員には李大釗(りたいしよう)ら,同候補には毛沢東ら共産党員も入り,ボロジンが最高顧問となった。五・四運動と十月革命の影響で民衆の力量に注目するにいたった孫文にすれば,中国共産党の活動力を取り込み,中国を平等に遇するソ連と提携して革命をすすめようとしたのである。…

【孫文】より

…ロシア十月革命後のソビエトへの思想的共鳴を深める一方,21年に創設された中国共産党との提携を積極的に進め,共産党もコミンテルンの方針に従い国共合作に踏み切った。23年コミンテルン派遣のM.M.ボロジンを国民党の最高顧問に任命し,国民党改組宣言を発表して反軍閥・反帝国主義を国民党として初めて公然と掲げるにいたった。 24年1月中国国民党第1回全国代表大会は連ソ,容共,農工援助の三大政策を決定し,軍閥の背後に帝国主義列強が存在して中国の内乱を作り出しているとして,反帝国主義・反軍閥を明確に表明した。…

※「ボロジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボロジンの関連キーワードカリーニンゴルバチョフ敷香ソ連ミコヤンリトビノフリンカーンソ連邦ブリュッヘルボゴラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボロジンの関連情報