コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーバー・ペディ Coober Pedy

世界大百科事典 第2版の解説

クーバー・ペディ【Coober Pedy】

オーストラリア,サウス・オーストラリア州中央部,アデレードとアリス・スプリングズとの中間にある町。人口1903(1976)。同国屈指のオパール産地で,その発見は1916年にさかのぼる。60年代以降人口が急増。住居のみならず郵便局や教会も地下につくられているが,これは高温など厳しい砂漠的自然条件への対応のためといわれる。市名は〈白人の穴〉を意味する原住民語に由来する。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android