グアラニーのイエズス会伝道施設群(読み)グアラニーのイエズスかいでんどうしせつぐん

世界遺産詳解の解説

グアラニーのイエズスかいでんどうしせつぐん【グアラニーのイエズス会伝道施設群】

正式名称は、「グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)。1983年にブラジルのサン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群が世界遺産(文化遺産)に登録され、1984年、アルゼンチンのミシオネス州内に位置するサン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・レ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョールの4施設も登録されて、「グアラニーのイエズス会伝道施設群」として併せて一つの物件となった。17世紀から18世紀にかけてイエズス会がグアラニー人のキリスト教の教化を進めるために築いた教化集落遺跡で、そのうち、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレートは、現存する最古のイエズス会伝道所として知られる。最盛期には1万人もの人々が暮らしていたが、1767年にスペイン王カルロス3世のイエズス会士追放令によって集落は放棄され、風化してしまった。サン・イグナシオ・ミニは、バロック様式と先住民文化の様式が絶妙に混じり合った独特の装飾が残り、ほかに教会や礼拝堂、食堂、学校、作業場などの跡も垣間見られる。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はJesuit Missions of the Guaranis : San Ignacio Mini, Santa Ana, Nuestra Señora de Loreto and Santa Maria Mayor(Argentina), Ruins of Sao Miguel das Missoes(Brazil)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android