コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グッド・フィーリング時代 グッド・フィーリングじだいEra of Good Feeling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グッド・フィーリング時代
グッド・フィーリングじだい
Era of Good Feeling

1816年アメリカ大統領に選出された J.モンローの任期を呼ぶ。「好感情時代」と訳される。 19世紀初めのアメリカで,モンロー大統領就任直後の北東部諸州への旅行の際,ボストンの新聞『コロンビアン・センティネル』が用いた表現。2期にわたるモンローの在任中 (1817~25) ,アメリカ国内に政治的調和と安定が出現したかのような印象を人心に与え,この時期の雰囲気を表現する言葉として用いられるようになった。 12年のアメリカ=イギリス戦争ののちに高揚したナショナリズムを背景として,優勢なリパブリカンズ (共和派) の政権掌握により政治情勢の安定が維持された。しかし 19年の不況ののち形勢は変化しはじめ,24年の大統領選挙に際してリパブリカンズ内に分裂抗争が生じて安定期は終った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グッド・フィーリング時代の関連キーワードバイロンカッテンダイケグナイストフォルカードボップマリア[1世]高山陣屋跡マリア1世シャカアサガオ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android