コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラジーリン Gladilin, Anatolii Tikhonovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラジーリン
Gladilin, Anatolii Tikhonovich

[生]1935.8.21. モスクワ
ソ連生れの作家。ゴーリキー文学大学に学び,1956年,創刊されてまもない雑誌『青春』に『ビクトル・ポドグルスキーの時代の記録』 Khronika vremën Viktora Podgurskovoを発表,スターリン批判後の若者たちの素朴な疑惑や意見を大胆に描いて反響を呼んだ。 V.アクショーノフらとともに「第4の世代」と呼ばれ,『船は帆をあげる』 Brigantina podnimaet parusa (1959) ,『煙が目にしみる』 Dym v glaza (59) ,『新年の最初の日』 Pervyi deni nobovo goda (63) など,現代の若者たちを主人公にした作品を多く発表したが,A.ソルジェニーツィンの国外追放後,76年パリへ亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラジーリン
ぐらじーりん
Анатолий Тихонович Гладилин Anatoliy Tihonovich Gladilin
(1935― )

ロシア出身の小説家。スターリン批判後に活躍した「第四の世代」といわれる作家たちの一人。1956年『ビクトル・ポドグルスキイの時代の記録』によりデビュー。「誤りを繰り返すことなく先行世代の仕事を引き継ぐ」という新しい世代の自覚的な問題意識をテーマに、『帆船は帆を上げる』(1959)、『先頭を行く』(1962)、『新年の最初の日』(1963)などを発表した。日記体や複数の語り手によるストーリーの展開など、新しい表現方法も模索、開拓した。72年、長編『明日の予報』がフランクフルトで出版される。76年4月にパリへ亡命し、放送局などで働きながら、批評、旅行記、風刺、コラムなどを書き、ソ連における検閲の問題をとりあげた『ソビエト作家の形成と衰退』(1979)、『フランス社会主義共和国』(1984)、作品集『あの頃のわたし』(1986)などを発表している。[藻利佳彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グラジーリンの関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android