コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラジーリン グラジーリン Gladilin, Anatolii Tikhonovich

2件 の用語解説(グラジーリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラジーリン
グラジーリン
Gladilin, Anatolii Tikhonovich

[生]1935.8.21. モスクワ
ソ連生れの作家。ゴーリキー文学大学に学び,1956年,創刊されてまもない雑誌『青春』に『ビクトル・ポドグルスキーの時代の記録』 Khronika vremën Viktora Podgurskovoを発表,スターリン批判後の若者たちの素朴な疑惑や意見を大胆に描いて反響を呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラジーリン
ぐらじーりん
Анатолий Тихонович Гладилин Anatoliy Tihonovich Gladilin
(1935― )

ロシア出身の小説家。スターリン批判後に活躍した「第四の世代」といわれる作家たちの一人。1956年『ビクトル・ポドグルスキイの時代の記録』によりデビュー。「誤りを繰り返すことなく先行世代の仕事を引き継ぐ」という新しい世代の自覚的な問題意識テーマに、『帆船は帆を上げる』(1959)、『先頭を行く』(1962)、『新年の最初の日』(1963)などを発表した。日記体や複数の語り手によるストーリーの展開など、新しい表現方法も模索、開拓した。72年、長編『明日の予報』がフランクフルトで出版される。76年4月にパリへ亡命し、放送局などで働きながら、批評、旅行記、風刺、コラムなどを書き、ソ連における検閲の問題をとりあげた『ソビエト作家の形成と衰退』(1979)、『フランス社会主義共和国』(1984)、作品集『あの頃のわたし』(1986)などを発表している。[藻利佳彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラジーリンの関連キーワードモスクワ宣言モスクワ芸術座・モスクワ藝術座亡命者はモスクワをめざすモスクワ5000モスクワ国際平和マラソンモスクワ・ソロイスツモスクワを占領せよモスクワ・ヴィルトゥオージモスクワ音楽劇場バレエ団モスクワ・シティー・バレエ団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone