グリム(読み)ぐりむ(英語表記)Hans Grimm

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリム(Hans Grimm)
ぐりむ
Hans Grimm
(1875―1959)

ドイツの小説家。若いとき商人として南アフリカで13年を過ごし、その体験をもとに小説を書く。代表作は『土地なき民』(1926)。作品のほとんどが1933年以前に書かれているのに、ナチス文学の代表的作家の一人とみなされるのは、この作品の題名によるところが大きい。しかし、狭小な国の活路を海外植民地に求めた点、ナチスの政策と合致しているとはいえない。[関 楠生]
『星野慎一訳『土地なき民』(1940~41・鱒書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グリムの関連情報