ナチス文学(読み)ナチスぶんがく(英語表記)Nazis-Dichtung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナチス文学
ナチスぶんがく
Nazis-Dichtung

1933年1月のヒトラー政権成立以後しばらくの間,文化政策は鳴りをひそめていたが,3月の国会議事堂炎上が共産主義者の放火によるとされてから,大がかりな左派文化人の追及が行われ,多くの文学者,芸術家の亡命が始った。9月,宣伝省のもとに文化院が設置され,著作,演劇,新聞,ラジオ,音楽,映画の統制が試みられた。文学の部門にも「国家社会主義」を青少年に普及すべく,これまでナチス的世界観を示していると評価されていた作家,作品に賞が与えられ,財政的援助がなされた。その第1は,ドイツの祖国愛を描いた戦争文学で,ドウィンガー,ウェーナー,ハンス・ヨーストらの作品であり,これに反しレマルクや L.レンらの反戦文学は退けられた。第2はドイツ民族の生活圏 Lebensraumを扱ったもので,ハンス・グリムの『土地なき民』は特に推奨された。第3は都会文学を排撃し,「血と土」をうたう農民文学,郷土文学が高く評価された。グリーゼの『冬』『永遠なる畑』などがそれである。またコルベンハイアー,ブルンク,カロッサ,シュテールらの作品も支持された。これらの作家,作品のうちには,必ずしも国家社会主義的傾向とはみなされないものもあり,第2次世界大戦後の評価は定まっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android