コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュプス グリュプスgryps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリュプス
gryps

グリフォン,グリフィンともいう。古代ギリシアの想像上の怪物。胴は獅子で鷲の頭と翼,蛇の尾をもつ。東方の影響のもとに前8世紀頃のギリシア人がつくりだしたもので,アポロンおよびディオニュソスの霊獣とされる。美術作品としては,オリンピア出土の奉納銅鼎を飾っていた『グリュプスの首』 (前 625頃,オリンピア美術館) が最もすぐれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

グリュプス【Gryps】

広くオリエント文化圏にみられる幻獣。ギリシャ神話では一般にワシの頭とライオンの胴体をもち有翼。聖書ではエデンの園の門番。グリフォン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のグリュプスの言及

【グリフォン】より

…コーカサス山中に棲(す)み,黄金を守るといわれている。ギリシア神話ではグリュプスGrypsといい,ゼウス,アポロン,ネメシスの車を引き,聖書ではエデンの園の門番をし,エジプトでは悪神セトの象徴,さらにバビロニア神話では水の悪魔ティアマトの信者の一人になっている。中世伝説では聖地エルサレムの〈グリフォンの爪〉は,病を治す魔力があると信じられていた。…

【スフィンクス】より

…ギリシアのスフィンクスは,美しい顔と胸をもつ有翼の女性として表されており,これがメソポタミアの影響を受けたスフィンクスであることを示している。 スフィンクスに類似の空想的動物として,怪獣グリュプス(英語ではグリフォン)がギリシアの伝承中に何度か言及されている。これはワシの頭と翼,ライオンの胴をもつもので,ヘロドトスの《歴史》第3巻によればこの怪獣は北方の国で黄金を守護しているという。…

※「グリュプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリュプスの関連キーワードエデンの園有翼門番胴体

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android