グリーンボンド(読み)ぐりーんぼんど(英語表記)green bond

日本大百科全書(ニッポニカ)「グリーンボンド」の解説

グリーンボンド
ぐりーんぼんど
green bond

環境保護に役だつ事業の資金を調達するために発行する債券グリーン債券、環境債ともよばれる。再生可能エネルギーや省エネルギー事業の推進、天然資源の保全、水資源の管理、生物多様性の保全、汚染・汚濁防止、気候変動の緩和・適応、クリーン輸送、クリーン建設などの環境保護プロジェクトに限定して調達資金が使われる特徴がある。グリーンボンドの明確な定義はないが、国際資本市場協会(ICMA:International Capital Market Association)が策定したグリーンボンド原則(GBP:The Green Bond Principles)では、グリーンボンドは、(1)資金使途は環境保護事業に限定する、(2)投融資する環境保護事業の選定・評価過程を投資家に明示する、(3)資金が適切に使われているかどうかを発行体が追跡調査する、(4)環境保護事業や資金使途の最新情報を投資家に報告し続ける、の4要素を満たす必要がある。グリーンボンドの事業選定や資金使途について、発行体は第三者機関の格付け、スコアリング、認証などのチェックを受けるよう推奨されている。グリーンボンドはESG投資の一種であり、類似概念として、社会問題の解消・改善のための資金を調達するソーシャルボンド(社会貢献債)や、環境・社会の持続可能性に貢献する事業に限定したサステナビリティボンドがある。

 2008年に世界銀行が初めて発行したが、2014年のグリーンボンド原則の策定を機に、グリーンボンドの発行額は急増しており、国際NPOの気候債券イニシアチブ(CBI:Climate Bonds Initiative)によると、2019年の発行額は2500億ドルに達する見通しである。日本では2014年(平成26)に日本政策投資銀行が初めて起債し、2018年にはメガバンクなどが法人向け、個人向けあわせて合計30本、発行額5000億円以上のグリーンボンドを起債した。

[矢野 武 2019年10月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵mini「グリーンボンド」の解説

グリーンボンド

温室効果ガス削減や環境対策など、気候変動問題に取り組むプロジェクトに必要な資金を調達するために自治体や企業が発行する債券のこと。2008年11月14日に国際復興開発銀行がスウェーデンコロナ建グリーンボンドを発行したのがその始まりと言われている。欧米では世界銀行が同債券を発行するなどの進展が見られるが、日本国内での取り組みは限定的だった。16年10月2日、小池百合子東京知事は都がグリーンボンド発行を計画していることを明らかにし、日本での同債券発行を主導していく考えを示した。

(2016-10-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「グリーンボンド」の解説

グリーン‐ボンド(green bond)

地球温暖化対策や再生可能エネルギー事業などのグリーンプロジェクトに要する資金を調達するために発行される債券。2008年に世界銀行が初めて発行。発行体は国際機関から国・地方公共団体・民間企業まで多岐にわたる。グリーン債。→グリーンウォッシュ債権

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android