コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルクン ぐるくん

デジタル大辞泉プラスの解説

グルクン

タカサゴ科の海水魚、タカサゴの沖縄名、またタカサゴ科の総称。沿岸のサンゴ礁域・岩礁域周辺に生息。食用。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

グルクン[水産]
ぐるくん

九州・沖縄地方、沖縄県の地域ブランド。
沖縄ではタカサゴをグルクンと呼ぶ。奄美大島以南の岩礁域・珊瑚礁域に群生し、沖縄県の魚に指定されている。全長約30cmで、白身の淡泊な味。1年を通じて独自の追込網漁業で捕獲される。唐揚げや刺身・塩焼などに利用されるほか、かまぼこの材料としても用いられる。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

世界大百科事典内のグルクンの言及

【タカサゴ】より

…熱帯性で,西部太平洋からインド洋に広く分布する。南日本で見られるが,伊豆諸島,小笠原,沖縄に多く,沖縄ではグルクンの名で親しまれ,県魚に指定されている。追込網の主対象である。…

※「グルクン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グルクンの関連キーワード沖縄県の要覧県鳥・県獣県魚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グルクンの関連情報