グルコース1-リン酸(読み)グルコースリンサン

化学辞典 第2版の解説

グルコース1-リン酸
グルコースリンサン
glucose 1-phosphate

glucose 1-dihydrogen phosphate.C6H13O9P(260.14).動物,植物中に広く存在する.UDP-グルコースを介して,植物ではデンプン生成の前駆体として,動物ではグリコーゲンの前駆体として重要な化合物であり,また同時に,デンプンやグリコーゲンの解糖過程の初期生成物でもある.筋肉中から得られ,化学的には,α-アセトブロモグルコースとジフェニルホスファートの銀塩から合成される.+120°(水).バリウム塩,カリウム塩は安定である.正リン酸より酸性は強い(pK1 1.11,pK2 6.13).[CAS 59-56-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android