コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腎性糖尿

2件 の用語解説(腎性糖尿の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

腎性糖尿

 腎性糖尿病ともいう.近位尿細管グルコース吸収不全による尿へのグルコースの排泄.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

家庭医学館の解説

じんせいとうにょう【腎性糖尿】

 血糖(けっとう)は高くないにもかかわらず、尿に糖がおりる状態で、糖尿病(とうにょうびょう)ではありません。正常では、腎臓で濾過(ろか)されたぶどう糖の90%が近位尿細管(きんいにょうさいかん)で、残りはそれ以遠で再吸収され、尿中にはほとんど排泄(はいせつ)されません。血糖値がある程度以上高くなると、濾過されてくる尿糖量が多くなりすぎ、再吸収が追いつかなくなり、尿に糖が漏(も)れて出てきます。尿に糖がもれ出る血糖値を腎の血糖排泄閾値(けっとうはいせついきち)といい、ふつうは1dℓあたり160mg前後にあります。
 腎性尿糖症では、この血糖排泄閾値が低く、血糖値が高くないのに尿中に糖が出てくるわけです。しかし、腎性糖尿の人も将来糖尿病になる確率は、一般人口での確率と変わりないため、毎年の健康診断で尿糖が出た場合は、めんどうでも必ず血糖検査も受け、糖尿病でないことの確認をしておくほうが安全でしょう。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

世界大百科事典内の腎性糖尿の言及

【再吸収】より

…一方,血中の濃度が正常範囲であっても,尿細管の輸送系の発達が先天的に悪かったり,輸送系がなんらかの原因で障害されて働く輸送系が少なくなっている人では,再吸収が不十分となるため,尿中に糖やアミノ酸が排出されるようになる。そのような場合を腎性糖尿,腎性アミノ酸尿という。先天的な腎性アミノ酸尿の場合は,中性アミノ酸のみの再吸収不良,塩基性アミノ酸のみの輸送欠損,グリシンやイミノ酸の再吸収不良の三つのタイプがみられる。…

※「腎性糖尿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone