コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリウス9世 グレゴリウスきゅうせいGregorius IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレゴリウス9世
グレゴリウスきゅうせい
Gregorius IX

[生]1165頃.アナニ
[没]1241.8.22. ローマ
イタリア人教皇 (在位 1227~41) 。本名 Ugolino de Segni。神聖ローマ帝国によるイタリア統一を企てる神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世と死闘を展開。 1227年十字軍派遣をしぶる皇帝を破門。翌 1228年第6回十字軍が出兵されるとアプリアに進出したが,取って返した皇帝軍に敗れ,1230年チェプラノ和約で破門を解除した。 1239年再度皇帝を破門,コンスタンチヌス大帝の寄進状を楯に教皇権を守る一方,1241年の復活祭に皇帝を裁く教会会議を企てたが,妨害されて失敗した。十字軍の遠征過程で中東にできあがったラテン系諸国の維持に力を注いだほか,カタリ派,ワルド派の打破にも尽力。宗教裁判を一本化して教皇権のもとにおいた。 1234年『教令集』 Liber extra公布。ドミニコとアッシジのフランシスコの友であり,のちに2人を列聖として宣言した。2人に始まる托鉢修道会を奨励した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレゴリウス9世の関連キーワードライムンドゥス[ペニャフォルト]コンラート[マールブルク]サンフランチェスコ大聖堂ピエトロ・デラ・ビニャサンフランチェスコ聖堂コンスタンチヌス大帝ギヨーム[オクセル]インノケンチウス4世アルビジョア十字軍アレクサンデル4世トマス[チェラノ]ケレスチヌス4世トゥルク大聖堂カノン法大全バチカン宮殿教会法大全メルセス会トゥルク城キリスト教冒険貸借

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android