グレゴリオス・パラマス(読み)グレゴリオスパラマス

百科事典マイペディアの解説

グレゴリオス・パラマス

ビザンティン帝国の神学者。テッサロニケ主教。アトス山で修道生活を送り,同地で盛行していたヘシュカスモス(静寂主義と訳され,神との合一を求める特殊な修行法を伴う神秘思想)を,カラブリアの修道士バルラアムBarlaamらの非難から擁護したことで知られる。主著《聖なる静寂主義者たちについて》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android