コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリオス・パラマス グレゴリオスパラマス

百科事典マイペディアの解説

グレゴリオス・パラマス

ビザンティン帝国の神学者。テッサロニケ主教。アトス山で修道生活を送り,同地で盛行していたヘシュカスモス(静寂主義と訳され,神との合一を求める特殊な修行法を伴う神秘思想)を,カラブリアの修道士バルラアムBarlaamらの非難から擁護したことで知られる。主著《聖なる静寂主義者たちについて》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

グレゴリオス・パラマスの関連キーワードキュドネス・デメトリオスビザンティン帝国アトス[山]ヘシカズム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android