コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレンベック グレンベックGrønbech, Vilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレンベック
Grønbech, Vilhelm

[生]1873.6.14. ボーンホルム,アリンゲ
[没]1948.4.21. ヘルシンゲル
デンマークの文化史家。大学卒業後オルガン奏者をしていたことがある。 1915~43年コペンハーゲン大学の宗教史教授。古代ゲルマン民族の生活と文化を究明した『古代におけるわれらの父祖』 Vor folkeæt i Oldtiden (1909~12) で世界的名声を得,続いて『北欧における改宗』 Religions skiftet i Norden (1913) ,『人の子イエス』 Jesus Menneske sönnen (1935) ,『ヘレニズム』 Hellenismen (1939) などを著わした。また現代文明を根本的に批判し土と労働に帰ることを唱えるとともに,イエス,キルケゴールゲーテ,W.ブレークドストエフスキーなどを論じて,第2次世界大戦中および戦後のデンマーク文壇に大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレンベックの関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

グレンベックの関連情報