グレンベック(英語表記)Grønbech, Vilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「グレンベック」の解説

グレンベック
Grønbech, Vilhelm

[生]1873.6.14. ボーンホルム,アリンゲ
[]1948.4.21. ヘルシンゲル
デンマークの文化史家。大学卒業後オルガン奏者をしていたことがある。 1915~43年コペンハーゲン大学の宗教史教授。古代ゲルマン民族の生活と文化を究明した『古代におけるわれらの父祖』 Vor folkeæt i Oldtiden (1909~12) で世界的名声を得,続いて『北欧における改宗』 Religions skiftet i Norden (1913) ,『人の子イエス』 Jesus Menneske sönnen (1935) ,『ヘレニズム』 Hellenismen (1939) などを著わした。また現代文明を根本的に批判し土と労働に帰ることを唱えるとともに,イエス,キルケゴール,ゲーテ,W.ブレークドストエフスキーなどを論じて,第2次世界大戦中および戦後のデンマーク文壇に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android