コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロッツ グロッツGlotz, Gustave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロッツ
Glotz, Gustave

[生]1862.2.17. バラン,アグノー
[没]1935. パリ
フランスの歴史家。 1897年ソルボンヌの教授となり,厳密な科学的方法を取入れてギリシア史研究の発展に寄与。主著『ギリシア刑法における家族の連帯性』 La solidarité de la famille dans le droit criminel en Grèce (1904) ,『古代ギリシアにおける労働』 Le travail dans la Grèce ancienne (20) ,『エーゲ文明』 La civilisation Egéenne (23) ,『ギリシア都市』 La cité Grecque (28) 。また 1925年から「通史」叢書を監修し,R.コーマンと『ギリシア史』L'Histoire grecqueを共同執筆した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

グロッツ

生年月日:1862年2月17日
フランスの歴史家
1935年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

グロッツの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android