コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロットガー Artur Grottger

世界大百科事典 第2版の解説

グロットガー【Artur Grottger】

1837‐67
ポーランドの画家。ポーランド語ではグロドゲルクラクフの美術学校を経て1854年ウィーンにおもむき,アカデミーで学ぶ。当地の雑誌の挿絵画家また編集者として活躍。肖像画やポーランドの政治的状況を反映した小画面の風俗画もあるが,抑圧された祖国の民衆を主人公に,その勇気と悲劇を描いた素描連作群(たとえば,一月蜂起の勃発した1863年の作)は印刷物を通して人口に膾炙(かいしや)し,ポーランド人の愛国心を高揚せしめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グロットガーの関連キーワードマンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールンベルニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android