コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膾炙 カイシャ

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゃ〔クワイ‐〕【××炙】

[名](スル)《「膾」はなます、「」はあぶり肉の意で、いずれも味がよく、多くの人の口に喜ばれるところから》世の人々の評判になって知れ渡ること。「人口膾炙する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゃ【膾炙】

( 名 ) スル
〔林嵩「周朴詩集序」。膾なますと炙(あぶり肉)は味がよく万人に好まれることから〕
広く世の人々に知れわたっていること。 「人口に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

膾炙の関連キーワードオフターディンゲンいもち病(稲熱病)ディ・ジャーコモジークフリート仮名手本忠臣蔵農業経営受委託アベナリウスグロットガー月下の一群直助権兵衛ニザーミー大経師昔暦メガルカヤ東儀 季芳佐川田昌俊阿賀神社白井権八デレッダ村井長庵藤井竹外

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膾炙の関連情報