膾炙(読み)かいしゃ

精選版 日本国語大辞典「膾炙」の解説

かい‐しゃ クヮイ‥【膾炙】

〘名〙
① (「」はなます、「」はあぶりもの) なますと、小さく切って焼いた肉。〔和英語林集成(初版)(1867)〕〔礼記‐曲礼上〕
② (━する) (なますやあぶりものは、人がいつまでも賞味するところから) 物事が多くの人びとに言いはやされて、広く知れわたること。多く「人口に膾炙する」の形で用いられる。
※鈍鉄集(1331頃)早梅軸「是老逋早梅詩也。調高韻嶮。膾炙詩人口矣」
※近紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「此喜遊の伝は其頃巷陌(ちまた)に鱠炙(クヮイシャ)して今尚碑に残りたり」 〔林嵩‐周朴詩集序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「膾炙」の解説

かい‐しゃ〔クワイ‐〕【××炙】

[名](スル)《「膾」はなます、「炙」はあぶり肉の意で、いずれも味がよく、多くの人の口に喜ばれるところから》世の人々の評判になって知れ渡ること。「人口に膾炙する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android