かいし

精選版 日本国語大辞典「かいし」の解説

かいし

〘名〙 鳥「わし(鷲)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「かいし」の解説

視】かいし

する。

字通」の項目を見る

視】かいし

視。

通「」の項目を見る

子】かいし

字通「」の項目を見る

【階】かいし

辺。

字通「階」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android