ケイト ブッシュ(英語表記)Kate Bush

現代外国人名録2016の解説

ケイト ブッシュ
Kate Bush

職業・肩書
シンガー・ソングライター

国籍
英国

生年月日
1958年7月30日

出生地
ケント州ベクスレーヒース

勲章褒章
CBE勲章〔2013年〕

経歴
10歳の頃から父についてピアノの手ほどきを受け、グラマー・スクール時代には作詞やバイオリン、歌唱の練習も始める。15歳で音楽の道に進むため、学校を中退。1975年兄らとバンドを結成し、’76年には前衛舞踏家のリンゼイ・ケンプの下でパントマイムを修行した。’77年ピンク・フロイドのデーブ・ギルモアにスカウトされ、シングル「嵐ケ丘」でデビュー。これが4週連続で全英1位に輝き、’78年に発表されたファーストアルバム「天使と小悪魔」も大ヒットし、売上げは40万枚を数えた。アイルランド人の母を持ち、自身も少女時代からアイリッシュ・ミュージックに親しんできたこともあって、アイリッシュの影響が濃い作風で知られ、加えてハイ・トーン・ボイスと神秘的なキャラクターで注目を集めたが、’80年以降は自宅にプライベート・スタジオを設けて作曲に励み、自らアルバムをプロデュースするなど、独自の音楽活動を展開。’89年6枚目のアルバム「センシュアル・ワールド」からは米国大手レコード会社からも発売されるようになり、母の死を挟んで発表された’93年のアルバム「レッドシューズ」は全英2位にランクインするヒット作となった。その後はチャリティ・アルバムや他のアーティストの作品へのゲスト参加以外は表立った活動をしなかったが、2005年12年の沈黙を破ってアルバム「エアリアル」を発表、シングルカットされた「キング・オブ・ザ・マウンテン」もヒットするなど健在振りをみせた。2011年セルフカバーアルバム「ディレクターズ・カット」とオリジナルアルバム「雪のための50の言葉」をリリース。他のソロアルバムに「ライオン・ハート」(1978年)、「魔物語」(’80年)、「ドリーミング」(’82年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android