コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケトプラック Ketoprak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケトプラック
Ketoprak

インドネシア,ジャワ島の歌舞劇。 20世紀初め,中部ジャワのジョクジャカルタスラカルタおよび東部ジャワのスラバヤマランなどの農村地帯で始った。幕が観客と舞台を仕切る西洋式の劇場で演じられ,舞台様式,演出法は都市で上演されるワヤン・オランを模している。現代的な戯曲を上演するので,テレビが入っていない地域では唯一の娯楽芸能となっている。せりふを主体とするため,楽器の演奏は多くないが,ゴング (クンプル,中のクノン,小のボナン) や打鍵楽器 (サロン,グンデル) ,太鼓 (クトッククンダン) が用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケトプラックの関連キーワードインドネシア舞踊

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android