コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノン kénong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノン
kénong

インドネシアのガムラン合奏音楽の体鳴楽器。大きい碗形の青銅器ゴングで,スレンドロ用とペロッグ用とでそれぞれ数個を1組とする。合奏のなかでは周期的拍節法を明示するコロトミー楽器群の一つとして,クンプールと交互に偶数拍で奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クノン(〈インドネシア〉kenong)

ジャワのガムランで用いられる中央部に突起のある壺形ゴング。先端をひもで巻いた桴(ばち)で、強拍に少し遅れて、その突起をたたく。クトックより大型。→ゴングクトック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クノン

インドネシア,ジャワのガムラン用の壺形ゴング。箱状の台に対角線に張った紐の上に伏せて置き(1台に1個),先端を布で包んだ木のバチで打つ。ペロッ用とスレンドロ用の別があり,それぞれ数個を1組にして使用する。
→関連項目ゴン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

クノンの関連キーワードガムラン(合奏形態)ゴング(打楽器)ダライヌア滝ケトプラック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android