コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノン クノン kénong

3件 の用語解説(クノンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノン
クノン
kénong

インドネシアのガムラン合奏音楽の体鳴楽器。大きい碗形の青銅器ゴングで,スレンドロ用とペロッグ用とでそれぞれ数個を1組とする。合奏のなかでは周期的拍節法を明示するコロトミー楽器群の一つとしてクンプールと交互に偶数拍で奏される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クノン(〈インドネシア〉kenong)

ジャワのガムランで用いられる中央部に突起のある壺形ゴング。先端をひもで巻いた桴(ばち)で、強拍に少し遅れて、その突起をたたく。クトックより大型。→ゴングクトック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クノン

インドネシア,ジャワのガムラン用の壺形ゴング。箱状の台に対角線に張った紐の上に伏せて置き(1台に1個),先端を布で包んだ木のバチで打つ。ペロッ用とスレンドロ用の別があり,それぞれ数個を1組にして使用する。
→関連項目ゴン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

クノンの関連キーワードインドネシアガムラン体鳴楽器クロンチョン和洋合奏インドネシア海溝タマンミニインドネシアインダーインドネシアの恋唄タマンミニインドネシア日本のインドネシア占領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クノンの関連情報