コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノン kénong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノン
kénong

インドネシアのガムラン合奏音楽の体鳴楽器。大きい碗形の青銅器ゴングで,スレンドロ用とペロッグ用とでそれぞれ数個を1組とする。合奏のなかでは周期的拍節法を明示するコロトミー楽器群の一つとして,クンプールと交互に偶数拍で奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クノン

インドネシア,ジャワのガムラン用の壺形ゴング。箱状の台に対角線に張った紐の上に伏せて置き(1台に1個),先端を布で包んだ木のバチで打つ。ペロッ用とスレンドロ用の別があり,それぞれ数個を1組にして使用する。同種の楽器クトッよりも大型で高音。核旋律の2次的な区切りに,クンプルと交互に鳴らされる。
→関連項目ゴン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

クノンの関連キーワードガムラン(合奏形態)ゴング(打楽器)ダライヌア滝ケトプラック

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android