コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナン ボナンbonang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボナン
bonang

インドネシアのガムラン合奏音楽に使われる楽器。青銅製の釜形ゴング十数個を1列または2列に並べた旋律打楽器。両手にもった桴 (ばち) で突起部を打って鳴らす。合奏のなかでは主要旋律ないし旋律装飾を分担し,装飾の場合にはリズム上の変化を与えるのに役立つ。またしばしば合奏全体の導入部をソロで行う。大編成の合奏では大小のものが同時に使われ,それぞれ補足し合って旋律を装飾する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ボナン(〈インドネシア〉bonang)

ジャワのガムランで用いられる旋律打楽器。10~14個の中央部に突起のある壺(つぼ)形ゴングを木枠に2列に並べ、先端をひもで巻いた一対の桴(ばち)で、その突起を打つ。音域によって、大中小の3種がある。→ガムラン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボナン

インドネシア,ジャワのガムラン用の旋律打楽器(ゴング・チャイム)。台に張った紐の上に壺形ゴングスレンドロ用では10または12個,ペロッ用では14個)を伏せて2列にのせ,1対の紐を巻いたバチで打つ。
→関連項目ゴング・チャイム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボナン【bonang[ジヤワ]】

青銅製の直径20cmくらいのこぶ付きゴング。主として中部ジャワの大編成のガムランで用いられる。バリのトロンポンと似ているが,ボナンは枠に張られた2本のひもの上にこぶのある面を上向きに直接置かれ,横に2列に並べられる。数は10~14個で,音域は2オクターブにわたるが,音階音順にではなく,演奏しやすいような並ベ方をする。2本の細長い桴(ばち)を用いて1人の奏者が演奏する。ボナンは,サロンなどの奏する定旋律を,先取りする形で細分・敷衍し,華やかな変奏旋律を奏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボナンの関連キーワードアルトマン(Robert Altman)コンピューター対人間の将棋史ガムラン(合奏形態)ピサのドゥオモ広場マイクル ランドンドーソン(カナダ)ゴング(打楽器)カートライト兄弟マリアンナ ヒルボニー ベデリアボナンザグラムジョン ベックインドネシアケトプラッククロンダイクメキシコ美術道(way)チアパス州ラカンドンメキシコ史

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボナンの関連情報