コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナン ボナン bonang

4件 の用語解説(ボナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボナン
ボナン
bonang

インドネシアのガムラン合奏音楽に使われる楽器。青銅製の釜形ゴング十数個を1列または2列に並べた旋律打楽器。両手にもった桴 (ばち) で突起部を打って鳴らす。合奏のなかでは主要旋律ないし旋律装飾を分担し,装飾の場合にはリズム上の変化を与えるのに役立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボナン(〈インドネシア〉bonang)

ジャワのガムランで用いられる旋律打楽器。10~14個の中央部に突起のある壺(つぼ)形ゴングを木枠に2列に並べ、先端をひもで巻いた一対の桴(ばち)で、その突起を打つ。音域によって、大中小の3種がある。→ガムラン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボナン

インドネシア,ジャワのガムラン用の旋律打楽器(ゴング・チャイム)。台に張った紐の上に壺形ゴングスレンドロ用では10または12個,ペロッ用では14個)を伏せて2列にのせ,1対の紐を巻いたバチで打つ。
→関連項目ゴング・チャイム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボナン【bonang[ジヤワ]】

青銅製の直径20cmくらいのこぶ付きゴング主として中部ジャワの大編成のガムランで用いられる。バリのトロンポンと似ているが,ボナンは枠に張られた2本のひもの上にこぶのある面を上向きに直接置かれ,横に2列に並べられる。数は10~14個で,音域は2オクターブにわたるが,音階音順にではなく,演奏しやすいような並ベ方をする。2本の細長い桴(ばち)を用いて1人の奏者が演奏する。ボナンは,サロンなどの奏する定旋律を,先取りする形で細分・敷衍し,華やかな変奏旋律を奏する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボナンの関連キーワード銅鉾遊動円木瘤付き頗る付き青銅貨茶鐺刀布風鐸ゴング・チャイム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボナンの関連情報