コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラン マランMalang

4件 の用語解説(マランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラン
マラン
Malang

インドネシア,ジャワ島東部,ジャワティムール州南部の高原にある都市。スメル山 (3676m) ,ブロモ山 (2392m) ,クルド山 (1731m) などに囲まれ,ブランタス川上流にのぞむ。美しい風光と快適な気候に恵まれ,オランダ領時代から同島東部の代表的な別荘地,保養地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マラン
マラン
Marin, Maguy

[生]1951. トゥールーズ
フランスの舞踊家,振付師。スペイン系の両親のもとに生れる。トゥールーズ音楽院でバレエを学び,ストラスブールオペラ・バレエ団を経て,M.ベジャールに師事。 20世紀バレエ団などでソリストとして踊ったのち,振付師として活動を始める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マラン(Malang)

インドネシア、ジャワ島東部の都市。スラバヤの南約80キロメートルに位置する。オランダ統治時代にコーヒー栽培がはじまり、高原保養地になった。テンゲル山地ブロモ山への観光拠点。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マラン【Malang】

インドネシア,ジャワ島東部の都市。人口76万(1996)。スラバヤの南80km,ブランタス川が市街地を貫流する。東のテンゲル山地と西のブータ(2874m),カウィ(2651m)両火山にはさまれた高原の盆地にあり,標高455m,健康に適した気候をもつ。マラン地方は,中部ジャワと並んで,古くからヒンドゥー・ジャワ文化の栄えた土地である。今日のマラン市北西部のディノヨから出土した,ジャワ暦682年(西暦760)の銘のある碑文や,避暑地バトゥ近辺のソンゴリティ寺院遺跡(推定9世紀),バドゥ寺院遺跡などは,ジャワ文化史上のいわゆる中部ジャワ期に,この地にもヒンドゥー文化の影響が及んでいたことを示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マランの関連情報