コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケト原性アミノ酸 ケトげんせいアミノさんketogenic amino acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケト原性アミノ酸
ケトげんせいアミノさん
ketogenic amino acid

アミノ酸の炭素骨格はグリコーゲンになるもの,脂肪になるもの,その双方になるものの3種があるが,後2者のアミノ酸をケト原性アミノ酸といい,ほかの糖原性アミノ酸と区別している。フェニルアラニンチロシン,ロイシン,イソロイシントリプトファンおよびリジンの6種 (いずれも必須アミノ酸) がこれに属している。これらを糖尿動物に投与すると,ケトン体排泄が増加する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

ケト原性アミノ酸

 ケトン原性アミノ酸ともいう.対語は糖原性アミノ酸(glucogenic amino acid).ケトン体を生成する活性のあるアミノ酸.リシン,ロイシン,チロシン,フェニルアラニンが該当.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ケト原性アミノ酸の関連キーワード糖性アミノ酸ケトン原性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android