ケプラーの方程式(英語表記)Kepler's equation

法則の辞典の解説

ケプラーの方程式【Kepler's equation】

楕円運動を表す方程式で次の形をとる.

ただし θ は離心角,ε は離心率,T は周期である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケプラーのほうていしき【ケプラーの方程式 Kepler’s equation】

ケプラー運動を行っている惑星の位置推算に現れる方程式。離心近点角をE,平均近点角をM,離心率をeとすると,これらの間に,Ee sin EMの関係があり,この関係はeMを与えてEを求めるための超越方程式となっている。Mは近日点通過後の経過時間に比例する量であり,位置推算時刻が決まれば与えられる。ケプラーの方程式を解いてEを求めると,近日点から惑星までの角距離vは,の関係によって求められるので惑星の軌道上の位置が決まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android