ケプラーの方程式(英語表記)Kepler's equation

世界大百科事典 第2版の解説

ケプラーのほうていしき【ケプラーの方程式 Kepler’s equation】

ケプラー運動を行っている惑星の位置推算に現れる方程式。離心近点角をE,平均近点角をM,離心率をeとすると,これらの間に,Ee sin EMの関係があり,この関係はeMを与えてEを求めるための超越方程式となっている。Mは近日点通過後の経過時間に比例する量であり,位置推算時刻が決まれば与えられる。ケプラーの方程式を解いてEを求めると,近日点から惑星までの角距離vは,の関係によって求められるので惑星の軌道上の位置が決まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android