コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケプラー式望遠鏡 ケプラーしきぼうえんきょう Keplerian telescope

3件 の用語解説(ケプラー式望遠鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケプラー式望遠鏡
ケプラーしきぼうえんきょう
Keplerian telescope

現在の天体望遠鏡の原形となっている望遠鏡ドイツ天文学者 J.ケプラーによって考案された。ガリレイ式望遠鏡では接眼レンズ凹レンズが使ってあり正立虚像が見えるが,ケプラー式では対物レンズも接眼レンズもともに凸レンズが使われ,倒立実像ではあるが倍率を大きくすることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケプラーしき‐ぼうえんきょう〔‐バウヱンキヤウ〕【ケプラー式望遠鏡】

対物レンズ接眼レンズとも凸レンズを使った望遠鏡。倒立像になるが倍率が高く、ガリレイ式に比べて視野が広いので天体望遠鏡として広く使われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ケプラーしきぼうえんきょう【ケプラー式望遠鏡】

対物レンズも接眼レンズも凸レンズを用いた望遠鏡。ケプラーが発明したもので、倒立像が得られる。ガリレイ式に比べて高倍率が得られるので、天体望遠鏡として広く使われている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケプラー式望遠鏡の関連キーワード赤道儀天体望遠鏡屈折望遠鏡カセグレン望遠鏡カナリア大天体望遠鏡限界等級光学赤外線望遠鏡光学望遠鏡宇宙望遠鏡屈折天体望遠鏡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone