ケプラー式望遠鏡(読み)ケプラーしきぼうえんきょう(英語表記)Keplerian telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ケプラー式望遠鏡」の解説

ケプラー式望遠鏡
ケプラーしきぼうえんきょう
Keplerian telescope

現在の天体望遠鏡原形となっている望遠鏡ドイツ天文学者 J.ケプラーによって考案された。ガリレイ式望遠鏡では接眼レンズ凹レンズが使ってあり正立虚が見えるが,ケプラー式では対物レンズも接眼レンズもともに凸レンズが使われ,倒立実像ではあるが倍率を大きくすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ケプラー式望遠鏡」の解説

ケプラーしき‐ぼうえんきょう ‥バウヱンキャウ【ケプラー式望遠鏡】

〘名〙 接眼レンズに凸レンズを用いた屈折望遠鏡。天体用には倒立像で、地上用にはプリズムなどで像を正立させる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android