コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケプラー式望遠鏡(読み)ケプラーしきぼうえんきょう(英語表記)Keplerian telescope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケプラー式望遠鏡
ケプラーしきぼうえんきょう
Keplerian telescope

現在の天体望遠鏡の原形となっている望遠鏡。ドイツの天文学者 J.ケプラーによって考案された。ガリレイ式望遠鏡では接眼レンズ凹レンズが使ってあり正立虚像が見えるが,ケプラー式では対物レンズも接眼レンズもともに凸レンズが使われ,倒立実像ではあるが倍率を大きくすることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ケプラーしきぼうえんきょう【ケプラー式望遠鏡】

対物レンズも接眼レンズも凸レンズを用いた望遠鏡。ケプラーが発明したもので、倒立像が得られる。ガリレイ式に比べて高倍率が得られるので、天体望遠鏡として広く使われている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる