ケリヤ(克里雅)県(読み)ケリヤ(英語表記)Keriya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケリヤ(克里雅)〔県〕
ケリヤ
Keriya

漢語名はユイティエン (于田) 。中国西北地方,シンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区南西部,ホータン (和田) 地区の県。中心地域はタクラマカン (塔克拉瑪干) 砂漠の南縁,クンルン (崑崙) 山脈の北麓にあるケリヤ川西岸のオアシス。古くは中国と西アジアを結ぶ西域南道の要衝で,都市国家の一つでもあった。年降水量は 40mmにすぎないが,多数の用水路とダムが造られ,オアシスは東西 23km,南北4~14kmに及ぶ。コムギ,トウモロコシ,水稲,ワタ,タバコ,アブラナを栽培するほかブドウ,モモの果樹園があり,特にモモの産地として名高い。牧畜も盛んで,ヒツジを主とし,羊毛は絨毯に加工される。クンルン山中に白玉を産する。人口 18万 2577 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ご当地マンホール

日本全国各地に設置されている、その地域の名物や名所、ゆかりのある人物などがデザインされたマンホール蓋のこと。1977年に沖縄県那覇市で設置された、魚の群れをあしらった柄のものが初とされる。その後、全国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android