コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルクアン Kerkuane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルクアン
Kerkuane

チュニジア北部,首都チュニスの東方 100kmのボン半島の先端にあるカルタゴ時代の都市遺跡群。前6世紀頃,高度の都市建築技術をもっていたフェニキア人により建設された都市で,地中海貿易の拠点として発展を遂げた。前 149~146年の第3次ポエニ戦争でローマ軍が勝利を収めると,近隣のカルタゴは破壊されローマ都市が建設されたが,ケルクアンは放置されたため,神殿,広場,住居などフェニキアの遺跡が比較的良好な状態で残されている。 1968年に付近からネクロポリスが発見され,フェニキア人独自の埋葬方法が明らかになった。 1985年世界遺産の文化遺産に登録され,さらに 1986年には登録範囲が拡大された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ケルクアン(Kerkuane)

チュニジア北東部、ボン岬半島にある古代カルタゴの都市遺跡。第一次ポエニ戦争でローマ軍によって破壊されたが、その被害は少なく、200基以上の墓など貴重な遺構が残っている。1985年「ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ケルクアンの関連キーワードチュニジア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android