コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルクアン ケルクアンKerkuane

2件 の用語解説(ケルクアンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルクアン
ケルクアン
Kerkuane

チュニジア北部,首都チュニスの東方 100kmのボン半島の先端にあるカルタゴ時代の都市遺跡群。前6世紀頃,高度の都市建築技術をもっていたフェニキア人により建設された都市で,地中海貿易の拠点として発展を遂げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ケルクアン(Kerkuane)

チュニジア北東部、ボン岬半島にある古代カルタゴの都市遺跡。第一次ポエニ戦争ローマ軍によって破壊されたが、その被害は少なく、200基以上の墓など貴重な遺構が残っている。1985年「ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone