ケルマーン州(読み)ケルマーン(英語表記)Kermān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルマーン〔州〕
ケルマーン
Kermān

イラン南東部の州。州都はケルマーン。州の東部はルート砂漠の南部を含む。北西部から南東部にかけて,州の大部分を連山が横切り,高峰にはラーレザール山 (4374m) ,ハザーラーン山 (4419m) の火山がある。低位の窪地の乾燥した夏季の暑さは世界有数だが,高地の渓谷の多くは快適である。唯一の重要な川として,ハリール川がある。丘陵のほとんどは不毛で水が乏しいために,定住地と耕地は小規模である。高地地域では穀物,綿花,てんさい糖,果物を産し,それより低い標高 1000~1300mの地域では米,トウモロコシ,ヘンナ染料,果物を産する。ヒツジが飼われ,羊毛はおもに絨毯製造に用いられる。鉱物資源は有望だが,採鉱は進んでいない。面積 18万 5675km2。人口 162万 2958 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android