ケンブリッジ・プラトン学派(読み)ケンブリッジプラトンがくは(英語表記)Cambridge Platonists

世界大百科事典 第2版の解説

ケンブリッジプラトンがくは【ケンブリッジ・プラトン学派 Cambridge Platonists】

17世紀後半のイギリスで,プラトン主義再興によってルネサンス的人文主義キリスト教神学の相克を融和しようとした一群の思想家の総称。創唱者のウィッチコートBenjamin Whichcote,その弟子カドワース,H.モア,スミスJohn Smithなどがケンブリッジ大学にっていたのでこの名がある。当時,道徳起源が論争の的になっていた。カルバン派は唯一の〈神〉の意志に絶対的に従うことから道徳が成立すると説いたが,彼らはプラトン哲学を新プラトン主義的に解釈して,〈神〉の力ですら変えることのできない神的英知とそれに支えられる宇宙法則が存在し,それを認識し,それに従うことこそ,善き人間の善への希求にほかならないと論じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケンブリッジ・プラトン学派の言及

【カドワース】より

…イギリスの神学者,哲学者。ケンブリッジ大学によって,プラトン哲学の再興を志したケンブリッジ・プラトン学派の総帥。永遠の哲学の立場から,カルバン,デカルト,ホッブズらの思想を批判した。…

※「ケンブリッジ・プラトン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android