コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケンブリッジ・プラトン学派 ケンブリッジプラトンがくは Cambridge Platonists

1件 の用語解説(ケンブリッジ・プラトン学派の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケンブリッジプラトンがくは【ケンブリッジ・プラトン学派 Cambridge Platonists】

17世紀後半のイギリスで,プラトン主義の再興によってルネサンス人文主義キリスト教神学の相克を融和しようとした一群の思想家の総称。創唱者のウィッチコートBenjamin Whichcote,その弟子のカドワース,H.モア,スミスJohn Smithなどがケンブリッジ大学に拠っていたのでこの名がある。当時,道徳の起源が論争の的になっていた。カルバン派は唯一の〈神〉の意志に絶対的に従うことから道徳が成立すると説いたが,彼らはプラトン哲学を新プラトン主義的に解釈して,〈神〉の力ですら変えることのできない神的英知とそれに支えられる宇宙法則が存在し,それを認識し,それに従うことこそ,善き人間の善への希求にほかならないと論じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のケンブリッジ・プラトン学派の言及

【カドワース】より

…イギリスの神学者,哲学者。ケンブリッジ大学によって,プラトン哲学の再興を志したケンブリッジ・プラトン学派の総帥。永遠の哲学の立場から,カルバン,デカルト,ホッブズらの思想を批判した。…

※「ケンブリッジ・プラトン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケンブリッジ・プラトン学派の関連キーワード敬虔主義フィチーノプラトン主義ギリシャ哲学イギリスオランダ戦争ニヒリストイギリス巻三C政策新プラトン学派都築忠七

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone