プラトン主義(読み)プラトンしゅぎ(英語表記)Platonism

翻訳|Platonism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラトン主義
プラトンしゅぎ
Platonism

プラトンの哲学,およびその伝統。 2400年以上にわたって西洋哲学史に影響を及ぼした。本質的な構成契機は形而上学 (認識論,存在論) と倫理学であり,しかもこの両者が密接に連関しているのが特徴である。この結合はきわめて主知主義的でありながら神秘的傾向も有し,一方では認識論的懐疑論を,他方では神学的傾向を生み出した。プラトン哲学の継承は,直接的にはアカデメイアにおいてなされたが,それはアカデメイアの枠をこえて次のように継承されていった。ローマのキケロクインチリアヌスら,新プラトン派のプロチノスプロクロスら,アレクサンドリアのクレメンスやニッサのグレゴリウスアウグスチヌスらに代表される教父哲学,アルベルツス・マグヌスエックハルト,ボナベントゥラらの中世スコラ哲学とフィレンツェを中心とするルネサンス時代の哲学,W.ウィッチコート,H.モーアらのケンブリッジのプラトニスト,そして H.スペンサーや観念論哲学に受継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

プラトンしゅぎ【プラトン主義】

プラトン哲学の思想。移ろい行く現実の根拠・原因として、真に存在するイデアを想定し、これを探求する理想主義。アリストテレス主義と並んで西洋哲学史上最も支配的な傾向の一。
プラトン哲学を継承する、ないしはこれに類似の思想的立場。例えばアカデミー・アレクサンドリア学派・新プラトン学派・ルネサンスの諸アカデミー・ケンブリッジプラトン学派など。
現代哲学では、普遍・命題・数などを独立の対象とみなす立場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

プラトン‐しゅぎ【プラトン主義】

〘名〙
① プラトン自身の哲学。
② プラトンの学風を継承、発展させた諸学派。古アカデメイア派、新アカデメイア派、新プラトン派、ルネサンスの諸アカデミー、ケンブリッジ‐プラトニストを含む。
③ プラトン風の観念論哲学、理想主義。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のプラトン主義の言及

【魔術】より

…〈12世紀ルネサンス〉を経て,ギリシア・ローマ,イスラムの学問をわがものにしたうえで,それらをキリスト教と融合させ,スコラ学という合理的な知識体系をつくりあげたあとでさえ,ルネサンス期までは,ヨーロッパ世界は魔術に対し一貫して否定的な態度を取り続けた。 教父時代の末期,アウグスティヌスはプラトン思想(ないし新プラトン主義思想)への強い関心と敬意を抱きながらも,それが魔術と近親性をもつという理由で,最終的には拒斥した。以来,キリスト教の正統派は,魔術を非合理なものとして,厳しく弾劾したのである。…

※「プラトン主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プラトン主義の関連情報