コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングリカン・チャーチ アングリカン・チャーチAnglican Church

翻訳|Anglican Church

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングリカン・チャーチ
Anglican Church

イギリス教会,またはイギリス国教会の一般的呼称。 16世紀に教皇クレメンス7世がヘンリー8世の離婚の承認を拒んで以来,アングリカン・チャーチ Ecclesia Anglicanaの名は新しい教会分裂の標語となった。この教皇の支配からの離脱の背後にはウィクリフ以来の反ローマ的な動きがあり,さらにはエラスムスやコレットらによるスコラ学の批判などがそれを促進した。ヘンリー8世は教会の首長となり,次のエドワード6世および大主教クランマーのもとで『第1,第2祈祷書』 Book of Common Prayer (1549,52) がつくられ,さらに信仰大綱『四十二個条』がつくられて改革は進んだ。のちメアリー1世の反動が起ったが,エリザベス1世と大主教パーカーによって再度『祈祷書』と『三十九信仰個条』が制定され,イギリス教会は教義上の立場を明確にした国家教会として出発した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アングリカン・チャーチ

英国国教会〉〈聖公会〉ともいい,アングリカン・コミュニオンAnglican Communionと同義。ローマ・カトリック教会,プロテスタント諸教会,東方正教会などと並ぶ,キリスト教世界の有力な宗派。
→関連項目イギリスオックスフォード運動カトリック解放法キリスト教クラレンドン法典国王至上法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アングリカン・チャーチ
あんぐりかんちゃーち

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アングリカン・チャーチの関連キーワードジョージ・オーガスタス セルウィンジョン・ヘンリー ニューマンアングロ・カトリック主義アングロ・カトリシズム神戸松蔭女子学院大学バージニア信教自由法クリスチャンネームプリンスアルバートカンタベリー大聖堂フレデリックトンイギリス自由教会古カトリック主義ヘンリー[8世]ピッテンジャーティロットソン世界教会分枝論ランベス会議パウルス3世アン・ブリンカンタベリー

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android