コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケン・アンロック Keng Angrok

1件 の用語解説(ケン・アンロックの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケン・アンロック【Keng Angrok】

?‐1227
インドネシア,ジャワのシンガサリ朝の創始者。ジャワ東部のトゥマーペル(のちの名称はシンガサリ)地方の農民出身で,若いころは非行を重ねたが,策略に富み,トゥマーペルの領主トゥングル・アメトゥンの家臣となった後,その妻ケン・デデスと通じて領主を暗殺し,自ら領主となった。当時東ジャワのクディリ朝は衰退の一途をたどっていたので,ケン・アンロックは1222年にこれを滅ぼし,シンガサリ朝を開いた。しかし彼は在位5年の後,妻と前夫トゥングル・アメトゥンとの間の男子アヌーサパティが差し向けた刺客によって暗殺され,アヌーサパティが王位を継いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のケン・アンロックの言及

【シンガサリ】より

…インドネシア,東部ジャワのシンガサリを中心として,1222年から92年まで栄えた王国。建国者ケン・アンロック(アンロ)は卑しい身分の出であったが,胆力と策略にたけ,トゥマーペル地方の領主トゥングル・アメトゥンの妻デデスと通じて1220年に領主を暗殺し,代わって領主となった。そして2年後にはクディリ朝最後の王クルタジャヤをガンテルの戦で敗死させてシンガサリ朝を開き,ラージャサ王と改名した。…

※「ケン・アンロック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ケン・アンロックの関連キーワードバトゥ成吉思汗安貞薩摩琵琶相模原市安貞奥入嘉禄興国寺俊芿

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone