ケーンの通則(英語表記)Coehn' srule

法則の辞典の解説

ケーンの通則【Coehn' srule】

二つの物質が接触するとき,誘電率の大きいほうがプラスの電荷,小さいほうがマイナスの電荷を帯びるという経験則.ただし溶液の場合などで電解質が共存すると,イオンの吸着の影響が大きいので必ずしもこの通りにならないケースもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android