コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーンの通則 Coehn' srule

1件 の用語解説(ケーンの通則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ケーンの通則【Coehn' srule】

二つの物質が接触するとき,誘電率の大きいほうがプラスの電荷,小さいほうがマイナスの電荷を帯びるという経験則.ただし溶液の場合などで電解質が共存すると,イオンの吸着の影響が大きいので必ずしもこの通りにならないケースもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケーンの通則の関連キーワード強誘電体代謝拮抗物質付着分配係数誘電率親和定数クヴィンケ効果コーエンの規則マクスウェルの式(屈折率)マッキー効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone