コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーンの通則 Coehn' srule

法則の辞典の解説

ケーンの通則【Coehn' srule】

二つの物質が接触するとき,誘電率の大きいほうがプラスの電荷,小さいほうがマイナスの電荷を帯びるという経験則.ただし溶液の場合などで電解質が共存すると,イオンの吸着の影響が大きいので必ずしもこの通りにならないケースもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android