コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲオルギオス1世 ゲオルギオスいっせいGeorgios I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲオルギオス1世
ゲオルギオスいっせい
Georgios I

[生]1845.12.24. コペンハーゲン
[没]1913.3.18. セサロニキ
ギリシア王 (在位 1863~1913) 。デンマークのグリュックスブルク王家出身。幼名ウィルヘルム。ギリシアの保護国であったイギリス,フランス,ロシア列強の意思により王位についたが,1院制議会をとる民主的な憲法を承認 (1864) 。国内政治を安定させ,有能な外交家を登用することによってテッサリア,エピルスマケドニアの一部,クレタ島,大多数のエーゲ海諸島を獲得し,ギリシアの国際的地位を列強の被保護国から事実上の独立国へと高めるのに貢献した。マケドニア地方を旅行中ブルガリアのテロリストに暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ゲオルギオス1世

生年月日:1845年12月24日
ギリシアの王(在位1863〜1913)
1913年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ゲオルギオス1世の関連キーワードアテネ・オリンピック競技大会コンスタンティノス1世オリンピック競技大会ギリシア史[近代]グリュクスボー朝生年月日

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android