コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲノン guenon

世界大百科事典 第2版の解説

ゲノン【René Guénon】

1886‐1951
フランス思想家,エゾテリスム(秘教)研究家。インド,中国,イスラム等の聖典研究を通じて,東西に共通する唯一の原伝承と世界の中心点の存在,歴史の循環的展開等の確信を得,パピュスらの心霊主義を誤謬として批判しつつ,存在と認識の普遍的構造を解明した。1930年以来カイロに定住し,同地に没。著書は《世界の王》(1927),《十字の象徴体系》(1931),《東洋の形而上学》(1939)ほか多数。【有田 忠郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゲノンの言及

【グエノン】より

…霊長目オナガザル科オナガザル属Cercopithecusに属する旧世界ザルの総称。ゲノンとも呼ばれる。サハラ砂漠以南のアフリカ大陸に,十数種が分布している。…

※「ゲノン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報