コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲージ場 ゲージばgauge field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲージ場
ゲージば
gauge field

今日の素粒子的自然像は「物質」と「力の場」を基本素材とする。物質 (クォークレプトンの 2族) だけからなる体系に対し,同種の物質を混合するようなある種の連続変換 (第2種ゲージ変換) を行ない,運動方程式の形が変わらないことを要請すると,新たに別の場を導入する必要が生じる。これがゲージ場であり,現実の力の場に対応している。物質は力の場の量子を放出・吸収して力の伝達を行なう。強い力,弱い力,電磁力を伝達するゲージ場 (の量子) は,それぞれ「グルーオン」「 W+,W-,Z0ボソン」(→ウィークボソン),「光子」である。自然界がどのような連続変換に対して不変性(対称性)を示し,どのようなゲージ場を必要とするかは素粒子物理学の最先端の課題である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゲージ場の関連キーワードケネス・ゲッデス ウィルソンワインバーグ=サラムの理論ケネス ウィルソンS. ワインバーグゲージ対称性ゲージボソンワインバーグ内山 龍雄統一場理論ゲージ理論素粒子論相互作用内山竜雄近接作用重力場外村彰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android