コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアンダ効果 Coanda effect

1件 の用語解説(コアンダ効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

コアンダ効果【Coanda effect】

気体や液体の噴流のそばに湾曲した壁があると,噴流軸の方向と壁の方向とが離れていても,壁の曲面に沿った方向を流れようとする傾向がある.この現象をいう.ルーマニアのコアンダ(H. Coanda)がジェットエンジン搭載の航空機をつくったが,望み通りの性能が得られなかったことから発見されたという.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

世界大百科事典内のコアンダ効果の言及

【飛行機】より

…externally blown flapの略),オーグメンター翼augumenter wingなどの種類がある(図4-b)。翼上面吹出式は,ジェットエンジンの噴流をフラップを下げた翼の上面に吹き出すと,噴流が曲面に沿って下向きに流れるというコアンダ効果を利用したもので,噴流に下向速度を与えるという運動量変化によってきわめて大きな揚力の増加を得ている。また外部吹出しフラップは,ジェットエンジンの噴流を直接すきまフラップの下面にぶつけて下向きにすることによって揚力の増加を得るもの,オーグメンター翼は,エンジンから分岐した圧縮空気を,二重のフラップの間を通して下向きに吹き出すことによって揚力の増加をはかるものである。…

※「コアンダ効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コアンダ効果の関連情報