コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイパサ塩沢地 コイパサえんたくちSalar de Coipasa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイパサ塩沢地
コイパサえんたくち
Salar de Coipasa

ボリビア南西部,オルロ県南西部にある塩原。アンデス山脈中のアルティプラノ高原南部に位置し,標高約 3600m。南のウユニ塩沢地に次ぐ同国第2の塩原で,東西約 90km,南北約 40kmにわたって広がる。はげしい乾燥により干上がった塩湖湖底であるが,北部には湖水が残り,コイパサ湖を形成,ラウカ川やポーポ湖から流出するラカハウイラ川などが注ぐ。同湖以外の部分は,乾季には固結した塩分によっておおわれるが,雨季には塩分が湿気を帯び,湿地状になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android