コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コインブラの旧カテドラル コインブラのきゅうカテドラル

1件 の用語解説(コインブラの旧カテドラルの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コインブラのきゅうカテドラル【コインブラの旧カテドラル】

ポルトガル中東部の古都コインブラ(Coimbra)にある、かつての大聖堂。レコンキスタ国土回復戦争)の時代の1139年、ポルトゥカーレ伯のアフォンソ・エンリケス(Afonso Henriques)は、イベリア半島南部のアンダルシア地方を支配していたイスラム王朝のムラービト朝と戦って勝利した。この戦いはオーリッケの戦いと呼ばれているが、アフォンソ・エンリケスは、この戦いの翌年の1140年に大聖堂の建設に着手し、1175年に完成した。この間、アフォンソ・エンリケスはコインブラを首都としてポルトガル王国を建国し、初代国王アフォンソ1世として即位している。第2代国王サンショ1世は、ここで戴冠式を行っている。この大聖堂はレコンキスタ終結まで要塞としての役割も担っていた。この大聖堂はその後、増改築が行われたが、主要な建物部分は当時のまま現在まで残されており、ポルトガルに唯一残る純粋なロマネスク建築といわれている。この大聖堂は18世紀に司教座が新大聖堂(Sé Nova de Coimbra)に移管され、司教座聖堂としての役割を終えた。新大聖堂はコインブラ大学近くにあるゴシック様式の聖堂で、イエズス会コレジオ付属教会として16世紀末に建造が開始され、ほぼ1世紀を要して完成した建物である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コインブラの旧カテドラルの関連キーワードカステロブランココインブラコインブラ旧大聖堂コインブラ新大聖堂コインブラス礼拝堂コニンブリガセジンブラポルトセグーロポルトガル・ポインターブラジルとポルトガル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone