コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウキセッコク(高貴石斛) コウキセッコクDendrobium nobile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウキセッコク(高貴石斛)
コウキセッコク
Dendrobium nobile

ラン科の多年草ヒマラヤから中国雲南,マレーシアを経て北部オーストラリアに分布し,日本では温室で栽培される最も大衆的な洋蘭である。茎は高さ 30~50cmで2~3本束生し,肉質で汚緑色。節間は短く,白茶色の葉鞘がこれを包む。葉は長さ 8cm内外,薄手の革質で2年たつと落ちる。 12月から7月にかけて,茎の上半部各節から短い総状花序を出して1~3花ずつつける。花は径 7cmほどで,花被片は開出し,上半部は桃紅紫色,基部は淡色唇弁はずい柱を囲み,先端はとがり,中央にビロード状の暗紫斑がある。和名は学名を直訳したもの。花屋ではノビルと略称しており,他種との交配で多くの園芸品がつくられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コウキセッコク(高貴石斛)の関連キーワードデンドロビウムラン科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android