コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洋蘭 ようらん

3件 の用語解説(洋蘭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洋蘭
ようらん

ラン科植物のうち熱帯や亜熱帯に産し,花が美しく形に変化があり,観賞のため温室で栽培されるランの総称。イギリスで栽培改良され,日本には明治以降輸入されたので洋蘭と呼ばれる。栽培には温室が必要なので,初めは貴族や富豪に愛好されることが多かったが,最近では一般にも普及し,鉢植や切り花として出回っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐らん〔ヤウ‐〕【洋×蘭】

観賞用のランのうち、熱帯の原産で、欧米で改良され、明治以降日本に入ってきたものの総称。カトレア・シンビジウム・デンドロビウム・パフィオペジラムなど。西洋蘭。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようらん【洋蘭】

花を観賞するために温室で栽培するラン科植物の園芸上の呼称。熱帯・亜熱帯原産で、主にヨーロッパで品種改良されたもの。カトレア・デンドロビウムをはじめとして多くの種類がある。日本や中国に産するシュンランやカンランは東洋ランと呼ばれる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洋蘭の関連情報