ノビル

百科事典マイペディアの解説

ノビル

ユリ科の多年草。日本全土,東アジアに分布し,荒地や土手,畑などにはえる。地下に白色球形の鱗茎をつける。茎は高さ40〜60cm,下方に線形で粉緑色を帯びた長い葉が少数つき,その断面は三角形。5〜6月茎頂に散形花序を出し,淡紅色花を多数つける。花被片は6枚,長さ4〜6mm。ふつう大部分の花は柄のないむかごになる。鱗茎はネギのようなかおりがあり,若いものは食用。
→関連項目アリウム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノビル
のびる / 野蒜
[学]Allium grayi Regel

ユリ科の多年草。ネギの仲間である。地下に径1~2センチメートルの球形の鱗茎(りんけい)があり、晩秋から線形の根生葉を出して越冬する。花茎は高さ50~80センチメートル、下半部に2~4個の茎葉がある。葉の断面は三角状で、上面に浅い溝がある。5~6月、茎頂に1個の散形花序を開く。包葉は膜質、卵形で先が長く伸び、若い花序を包む。花は淡紅紫色で、十数個ある。花柄は長さ1.5~2センチメートル。花被片(かひへん)は6枚、卵形で長さ4~5ミリメートル。雄しべは6本、花糸は花被より長い。雌しべは1本、子房上位で、3室。果実は裂開し、各室に2個の黒色の種子がある。花は普通は大部分が発達せず、球形で無柄のむかごに変化している。日当りのよい道端や土手の草地に生え、日本全土、東アジアに広く分布する。鱗茎や若葉は食用になる。古代に栽培されたものが野生化したものといわれる。[河野昭一]

文化史

縄文時代すでに食用にされ、東京都八王子市宮下遺跡の勝坂(かっさか)式深鉢形土器の中から、炭化したノビルの鱗茎(りんけい)が出土した。古代にも春先の重要な野草菜であったとみえ、『古事記』に応神(おうじん)天皇の歌として、「いざ子ども野びる摘みに、ひる摘みに……」が載る。『万葉集』には調味料の一つとして「醤酢(ひしほす)に蒜搗(ひるつ)き合(か)てて鯛願ふ我にな見えそ水葱(なぎ)の羹(あつもの)」(長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおきまろ)、巻16)と詠まれる。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノビルの関連情報