コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウロス Couros,Mateo de

朝日日本歴史人物事典の解説

コウロス

没年:寛永9.5.27(1632.7.14)
生年:1569
イエズス会日本管区長。ポルトガル・リスボン生まれ。1583年イエズス会入会。天正18(1590)年天正遣欧使節と共に来日。1596年マカオにて司祭に叙階され,同年再来日。慶長19(1614)年キリシタン禁教令によりマカオに追放される。翌年日本に潜入。元和3(1617)年から同7年まで日本管区長の職にあった。後任の管区長パシェコが寛永2(1625)年に捕らえられたため,再び管区長となる。日本滞在43年。島原半島・有馬では厳しい探索のために地下の穴の中に8カ月生活し,丸1年は2枚の壁の間に隠れ住んだ。肥前大村(長崎県東彼杵郡波佐見)の癩者の小屋で病死。<参考文献>レオン・パジェス著・吉田小五郎訳『日本切支丹宗門史』

(宮崎賢太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

コウロスの関連キーワードガリレイグスタフレンブラント甲良宗広町田宗加甲良宗広グスタフウワディスワフ4世ワーザジグムント3世ワーザ梵舜

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android