コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガネコバチ jewel wasp

2件 の用語解説(コガネコバチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コガネコバチ【jewel wasp】

膜翅目コガネコバチ科Pteromalidaeの昆虫の総称。体長1~3mmの小さい寄生バチで,多くのものは青色,藍色,黄金色などの金属光沢をもっている。種類数が多く,ほとんどの昆虫に寄生する。モンシロチョウアゲハチョウなどのさなぎに寄生するアオムシコバチPteromalus puparum(イラスト),コクゾウムシやアズキゾウムシなどの幼虫に寄生するゾウムシコガネコバチAnisopteromalus calandrae,マツケムシの幼虫に寄生するコジマコバチDibrachys kojimae,ハモグリバエに寄生するハムグリヤドリコバチHalticoptera circulus,モウソウダケに虫えいを作るモウソウタマコバチに寄生するモンコガネコバチHomoporus japonicus,カイコノウジバエやニクバエなどに寄生するキョウソヤドリコバチMormoniella vitripennisなど日本にも多くの種類が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガネコバチ
こがねこばち / 黄金小蜂

節足動物門昆虫綱膜翅(まくし)目コガネコバチ科Pteromalidaeの昆虫の総称。和名は「体が金属光沢をもつ」ことに由来する。学名はギリシア語で「平らなはね」を意味する。コバチ上科のなかでも大きな群で、各種の昆虫に寄生し、天敵としても重要である。体長1~3ミリメートルの小形の寄生バチ。多くは各種の昆虫の第一次寄生バチであるが、第二次寄生バチとなるものもある。世界に広く分布し、日本にも多数の種類を産するが、代表的な種類を次にあげる。アオムシコバチPteromalus puparumは、モンシロチョウ、アゲハなどの蛹(さなぎ)に寄生。キョウソヤドリコバチNasonia vitripennisは、イエバエ、ニクバエ、キンバエ、カイコノウジバエなどの蛹に寄生。ゾウムシコガネコバチAnisopteromalus calandraeは、アズキゾウムシ、コクゾウなどの幼虫に寄生。ヒラタアブコガネコバチPachyneuron albutiusは、ヒラタアブ類に寄生。ハエヤドリコガネコバチSpalangia endiusは、各種のハエ類に寄生する。[立川哲三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コガネコバチの関連キーワードコバチ膜翅類小蜂小繭蜂癭蜂土蜂鼈甲蜂飴蜂粉吹金亀子婿がね

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone