コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケリンドウ(苔竜胆) コケリンドウGentiana squarrosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コケリンドウ(苔竜胆)
コケリンドウ
Gentiana squarrosa

リンドウ科の越年草。アジアの温帯に広い分布をもつ。北海道を除く日本各地の野原や草地に生じる。高さ3~8cmで,茎の下部の葉は淡緑色でやや大きく十字状に重なり,上部の葉は小型で対生する。花は淡紫色で茎に頂生し,径 1cm,長さ1~1.5cmの筒形をしている。花冠は5裂し,日があたると開く。果実は球形の 蒴果で花冠が宿存するため,長い柄でその外に突き出し2片に裂開して細かい種子を出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone